無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 衆参憲法審査会が始動、18歳参政権など議論へ | トップページ | ソマリア海賊対策 日本船舶に海自乗船 政府、武装ガード検討 »

2011年10月22日 (土)

憲法審査会長:参院「ねじれ」反映 自民・小坂氏を選出

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111022k0000m010114000c.html
憲法審査会長:参院「ねじれ」反映 自民・小坂氏を選出
参院憲法審査会の会長に選出され、あいさつに立つ自民・小坂憲次氏。左は1票差で敗れた民主党の江田五月前参院議長=国会内で2011年10月21日午前11時15分、藤井太郎撮影

 衆参両院の憲法審査会の初会合が21日開かれ、衆院が民主党議員、参院が自民党議員をそれぞれ会長に選出し、「ねじれ国会」を反映する結果となった。衆院は民主党の大畠章宏前国土交通相を満場一致で選出。参院の会長ポストは民主、自民両党で競合し、委員45人による投票で自民党の小坂憲次前参院幹事長を選んだ。

 参院憲法審では自民16人、公明4人、みんなの党2人、たちあがれ日本と新党改革の統一会派1人の計23人が、小坂氏に投票。一方、民主党の江田五月前参院議長は民主19人と共産・社民・国民新各1人の計22票にとどまり、1票差で小坂氏が会長に選出された。

 小坂氏は21日、記者団に対し「憲法改正は自民党の党是。議論の土俵づくりに一番力を尽くしていきたい」と抱負を語った。一方、委員名簿の提出を拒否していた社民党は同日、提出に応じた。福島瑞穂党首は記者団に対し「提出しなくても審査会が開かれる可能性があり、出席してかかわったほうがいいと判断した」と説明した。【高橋恵子】

毎日新聞 2011年10月21日 23時17分(最終更新 10月22日 0時42分)

« 衆参憲法審査会が始動、18歳参政権など議論へ | トップページ | ソマリア海賊対策 日本船舶に海自乗船 政府、武装ガード検討 »

憲法審査会」カテゴリの記事