無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 武器使用、緩和なし 南スーダンPKO 第2次調査団出発 | トップページ | 東京【社説】週のはじめに考える 「住民の論理」で復興を »

2011年10月 9日 (日)

TPP、180議員が反対署名…大半は民主

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111009-00000224-yom-pol

TPP、180議員が反対署名…大半は民主

読売新聞 10月9日(日)14時5分配信
 野田首相が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉について、参加表明の意向を固めたのは産業界の国際競争力強化により、経済成長を促す狙いがあるが、慎重論の根強い政府・与党内に深刻な対立を生む可能性もはらんでいる。

 首相にとっては、意見集約に向け、指導力が問われることになりそうだ。

 TPPを巡っては、反対する民主党議員らで作る議員連盟「TPPを慎重に考える会」(会長=山田正彦前農相)が署名活動を続けている。政府に交渉不参加を表明するよう求める内容で、8日現在で、署名に応じた国会議員の数は180人に上り、大半が民主党議員だという。

 山田氏は署名が200人を超えた段階で、政府に提出する考えだ。また、同議連として近く、大規模なTPP反対決起集会を開くことも検討しており、議連の役員は「不退転の決意で戦っていく」と述べ、推進派の説得には応じない考えを強調している。

« 武器使用、緩和なし 南スーダンPKO 第2次調査団出発 | トップページ | 東京【社説】週のはじめに考える 「住民の論理」で復興を »

「国内情勢」カテゴリの記事