無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 八ッ場ダム建設 「公開の場で再検証を」 学者50人、首相に声明文 | トップページ | 辺野古問題と民主主義:沖縄2紙社説 »

2011年10月19日 (水)

NY世論調査 デモ賛成70%近く

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111019/k10013357931000.html
NY世論調査 デモ賛成70%近く
10月19日 8時7分

経済格差の解消などを訴えるアメリカ・ニューヨークの若者たちの抗議行動は、始まってから1か月を過ぎましたが、ニューヨークでは抗議デモに賛成する有権者は7割近くと、反対を大きく上回っていることが世論調査で分かりました。

先月17日、金融の中心地、ニューヨーク・ウォール街で若者たちが開始した抗議のデモや集会は、その後、アメリカのほかの都市や世界各地にも広がっています。抗議行動の拠点となっている公園では、18日も1500人を超える参加者が集会を開いたほか、夜に入ってデモ行進を行いました。抗議デモについて、地元のキニピアック大学世論調査研究所が今月12日から16日までの間、ニューヨークの有権者1068人を対象に調査した結果、▽全体の67%が抗議デモに「賛成する」と答えたのに対し、▽「反対」は23%にとどまりました。また、抗議デモの主張に賛成するか反対するかは別として、若者が抗議行動を起こすこと自体をどう思うかについても、▽87%が「よい」と答え、▽「悪い」と答えたのは10%でした。さらに、「公的な場所でのデモ隊による野営は許されるべきか」という問いに対しても、▽72%が「許されるべき」と答えたのに対し、▽「限度があるべき」と答えたのは24%で、一連の抗議行動に対して、支持や容認が反対を大きく上回る結果となっています。

« 八ッ場ダム建設 「公開の場で再検証を」 学者50人、首相に声明文 | トップページ | 辺野古問題と民主主義:沖縄2紙社説 »

民衆の運動」カテゴリの記事