無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« アテネ12万人超デモ ギリシャでゼネスト | トップページ | 特集ワイド:「怒れる若者たち」集会 世界と連動、約100人 都心で反貧困、反原発 »

2011年10月20日 (木)

政府代表 南スーダンに派遣

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111019/k10013368421000.html
政府代表 南スーダンに派遣
10月19日 15時17分

政府はアフリカの南スーダンに国連のPKO=平和維持活動として、陸上自衛隊の施設部隊を派遣するかどうかの最終的な判断に向けて、現地の治安情勢などを確認するため、19日、PKOを担当する内閣府の石田副大臣を派遣しました。

野田総理大臣は、国際貢献を果たしたいとして、ことし7月に独立した南スーダンに、国連のPKOとして、陸上自衛隊の施設部隊を派遣したい意向を示し、現在、政府の2回目の調査団が、現地で治安や輸送事情などの調査を続けています。こうしたなか政府は、部隊を派遣するかどうかの最終的な判断に向けて、政治レベルでも直接、現地の治安情勢などを確認する必要があるとして、19日、PKOを担当する内閣府の石田副大臣を南スーダンに派遣しました。石田副大臣は、5日間の日程で南スーダンの首都ジュバなどを訪れ、現地の情勢を視察するほか、南スーダンの政府関係者と会談し、部隊を派遣した場合の具体的な支援の要望などを聞くことにしています。政府は、石田副大臣や政府調査団の報告を踏まえて、施設部隊の派遣について結論を出すことにしています。

« アテネ12万人超デモ ギリシャでゼネスト | トップページ | 特集ワイド:「怒れる若者たち」集会 世界と連動、約100人 都心で反貧困、反原発 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事