無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 武器輸出三原則、首相に見直し要請へ 前原政調会長 | トップページ | 三原則「不断の検討必要」=民主の見直し方針踏まえ判断-野田首相 »

2011年10月14日 (金)

首相の外交日程、3次補正の審議日程かなり窮屈

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111013-OYT1T01233.htm
首相の外交日程、3次補正の審議日程かなり窮屈
 政府・与党は、20日召集の臨時国会で、2011年度第3次補正予算案を28日に国会に提出し、11月中旬の成立を目指している。

 国会は、3次補正の提出までの間を使い、衆参両院の各委員会で閣僚の所信表明と質疑を行う。その後、補正提出に合わせ、野田首相の所信表明演説を28日に行い、衆参両院での各党代表質問に入りたい考えだ。

 政府・与党は3次補正を11月上旬に衆院を通過させ、その後、臨時増税法案などの予算関連法案の審議も始める日程を描いている。

 首相は11月に入ると、フランスでの20か国・地域(G20)首脳会議、米国でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、インドネシアでの東アジア首脳会議(EAS)などに出席を予定している。これらの外交日程の合間を縫っての審議となるため、野党内からは「審議日程はかなり窮屈」(自民党の岸田文雄国会対策委員長)との声も出ている。
(2011年10月13日22時46分  読売新聞)

« 武器輸出三原則、首相に見直し要請へ 前原政調会長 | トップページ | 三原則「不断の検討必要」=民主の見直し方針踏まえ判断-野田首相 »

「国内情勢」カテゴリの記事