無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間移設は日米同盟に有益…米国防長官が寄稿 | トップページ | 空自の次期主力戦闘機選定 »

2011年10月24日 (月)

南スーダンへ部隊派遣準備を指示 政府、28日にも

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011102301000519.html
南スーダンへ部隊派遣準備を指示 政府、28日にも

2011年10月24日 02時02分

 政府は南スーダン国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊施設部隊派遣について、28日にも一川保夫防衛相が折木良一統合幕僚長らに派遣準備を指示する方向で調整に入った。国連にも派遣方針を伝達する。自衛隊は年明けから2月までの出発を目指し部隊編成や活動計画の策定を急ぐ。複数の政府関係者が23日、明らかにした。

 9月に行った政府の1次調査で治安情勢は派遣に問題ないと判断し、PKO協力法の「参加5原則」も満たしているとの結論に達した。28日にも閣議で派遣を確認し、一川氏が準備指示を出す段取りだ。

 部隊は道路や橋の建設などインフラ整備を担当。国連の要請に基づき300~350人規模を軸に検討している。
(共同)

« 普天間移設は日米同盟に有益…米国防長官が寄稿 | トップページ | 空自の次期主力戦闘機選定 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事