無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« コスト抑制、同盟深化を期待=武器輸出三原則の緩和検討-政府 | トップページ | 辺野古アセスの年内提出要求 普天間移設で米 »

2011年10月15日 (土)

政府、陸自施設部隊を派遣へ=南スーダンPKO

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111015-00000040-jij-pol

政府、陸自施設部隊を派遣へ=南スーダンPKO

時事通信 10月15日(土)12時15分配信
 政府は15日、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に、陸上自衛隊施設部隊を派遣する方針を固めた。部隊派遣は、国連の潘基文事務総長が同国のインフラ整備のため要請していたもので、政府は、首都ジュバ周辺は治安面での問題はないと判断した。南スーダンと周辺国のケニアなどに派遣している第2次調査団の帰国報告を受けて、活動内容や部隊の規模などを正式決定する。活動開始は年明け以降になるとみられる。
 野田佳彦首相の周辺は同日午前、「ジュバが最も治安がいい。拠点として何らかの活動が行える状況だ」と述べ、施設部隊はジュバを中心に活動することになるとの見通しを示した。
 政府は陸自施設部隊派遣に当たり、ジュバ周辺地域は、紛争当事者の停戦合意など部隊派遣の前提となる「PKO参加5原則」を満たしていると判断した。5 原則のうち武器使用基準については、他国部隊に比べて厳格なことから、民主党の前原誠司政調会長が緩和すべきだと主張しているが、今回は現行基準に基づき派遣する方針だ。 

« コスト抑制、同盟深化を期待=武器輸出三原則の緩和検討-政府 | トップページ | 辺野古アセスの年内提出要求 普天間移設で米 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事