無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 漁業監視船の行動正当化=防衛交流が必要-駐日中国大使 | トップページ | 原発の早期再稼働を要望 関西財界が政府に »

2011年9月22日 (木)

首相、南スーダンPKO派遣前向き…潘氏と会談

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110922-OYT1T00424.htm
首相、南スーダンPKO派遣前向き…潘氏と会談

 【ニューヨーク=石田浩之】野田首相は21日夕(日本時間22日朝)、潘基文(パンギムン)国連事務総長と国連本部で会談し、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊の施設部隊派遣について、「現地調査を行ったうえで結論を出したい」と述べ、前向きに検討していると表明した。

 首相は南スーダンについて「日本の得意分野で新しい貢献をしたい」と述べ、司令部要員2人を派遣する方針を伝えた。そのうえで、施設部隊の派遣の検討について説明。これに対し、事務総長は感謝の言葉を述べた。首相は、現地調査の際の国連の協力も要請した。

 施設部隊は、道路や建物補修などの作業にあたるもので、首都に駐在する司令部要員より危険度が高いが、国連側は日本の自衛隊派遣を強く求めていた。
(2011年9月22日14時03分  読売新聞)

« 漁業監視船の行動正当化=防衛交流が必要-駐日中国大使 | トップページ | 原発の早期再稼働を要望 関西財界が政府に »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事