無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 脱原発6万人集会 | トップページ | 首相は原発再稼働ありき=社民党首 »

2011年9月21日 (水)

「銃剣とブルドーザーの強行と同じ」=辺野古移設に反対―沖縄知事

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110921-00000075-jij-int

「銃剣とブルドーザーの強行と同じ」=辺野古移設に反対―沖縄知事

時事通信 9月21日(水)12時27分配信
 【ワシントン時事】訪米中の仲井真弘多沖縄県知事は20日、ワシントン市内で記者会見し、日米両政府が進める米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画について、沖縄県全体が反対していると指摘し、「(米軍は)銃剣とブルドーザーで基地をつくった。(日本政府も)銃剣とブルドーザーでやりますかということになってしまう」と述べ、移転手続きを進めようとする日米両政府を批判した。
 日米合意に基づく辺野古への移設を確認するとみられる日米首脳会談を前にけん制した形だ。
 知事は「沖縄の地域住民、県知事、首長を含めて反対の態度を取っているものを実行できるのか」と述べた。さらに、沖縄の人々が納得できる説明がなければ実行は非常に難しく、強行すれば住民感情を悪化させると指摘した。 

« 脱原発6万人集会 | トップページ | 首相は原発再稼働ありき=社民党首 »

日米関係」カテゴリの記事