無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 増税時に議員定数削減を=藤井民主税調会長 | トップページ | 原発事故、首都圏も避難対象 菅氏、最悪予測で3千万人 »

2011年9月18日 (日)

南スーダンに陸自派遣/政府検討 PKO、近く調査団

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-09-18/2011091802_01_1.html
南スーダンに陸自派遣/政府検討 PKO、近く調査団

 政府は17日、7月に独立した南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に、陸上自衛隊の施設部隊を派遣する方向で検討に入りました。近く現地に調査団を送り、治安情勢やニーズなどを見極めた上で、派遣の可否を最終判断します。こうした状況を踏まえ、野田佳彦首相はニューヨークで23日午後(日本時間24日未明)に行う国連総会の一般討論演説で、派遣の可能性に言及する見通しです。

 南スーダンでのPKOをめぐっては、来日した国連の潘基文事務総長が先月、当時の菅直人首相との会談でインフラ整備の必要性を強調し、施設部隊の派遣を要請。これを受け、政府は、とりあえず司令部要員として陸自隊員数名を派遣する方針を固めました。

 ただ、野田首相は先の所信表明演説で、東日本大震災での各国の支援に謝意を示しつつ、「各国と世界共通の課題の解決に共に挑戦する」と表明しており、南スーダンでのPKOでも可能な限り貢献する必要があると判断しました。

 陸自の部隊を派遣するとなれば、民主党政権下では、2010年2月のハイチへの復興支援に続き、2例目となります。

 政府は、スーダン分離前の2008年から国連スーダンミッション(UNMIS)に司令部要員を派遣。地上部隊の派遣も検討してきましたが、治安情勢の厳しさから見送ってきた経緯があります。

 国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS) 南スーダン独立の前日となる今年7月8日の国連安保理で採択された決議1996に基づき設置。軍人7000人、文民警察官900人などで構成されます。任期は1年間。

« 増税時に議員定数削減を=藤井民主税調会長 | トップページ | 原発事故、首都圏も避難対象 菅氏、最悪予測で3千万人 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事