無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米首脳21日に会談=同盟深化を協議へ | トップページ | 読売:「憲法」 2011年9月面接全国世論調査 »

2011年9月15日 (木)

グアム移転、戦闘部隊を大幅増…沖縄駐留米軍

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110914-OYT1T01178.htm
グアム移転、戦闘部隊を大幅増…沖縄駐留米軍

 沖縄に駐留する米海兵隊8000人のグアム移転計画について、米政府が司令部を中心とする移転内容を見直し、戦闘部隊を大幅に増やす方針を日本側に非公式に伝えていたことが14日、複数の日米両政府関係者の話でわかった。

 米議会の強い圧力を受け、国防予算の削減を実現するためだが、2006年に日米両政府が合意した再編ロードマップ(行程表)の見直しにつながるものとして注目される。

 この方針が実現すれば、司令部移転に比べ、演習による騒音や危険、事件・事故の減少といった沖縄側が求めていた負担軽減につながることが期待されるが、戦闘部隊が沖縄から減る分、抑止力が弱まるとの懸念も出ている。

 06年の行程表では、沖縄駐留海兵隊のうち、司令部を中心に8000人をグアムに移転し、抑止力を担う戦闘部隊約1万人は沖縄に残るとしていた。今回の見直しでは、8000人のかなりの部分が戦闘部隊に変更されるとみられている。
(2011年9月15日03時12分  読売新聞)

« 日米首脳21日に会談=同盟深化を協議へ | トップページ | 読売:「憲法」 2011年9月面接全国世論調査 »

日米関係」カテゴリの記事