無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米、海へ原子炉投棄を画策 72年、日本に協力要請 | トップページ | 武器輸出三原則 民自公が見直し推進/NHK「日曜討論」 笠井氏批判「9条を破る」 »

2011年9月26日 (月)

浜岡原発の永久停止決議、牧之原市議会が可決

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110926-OYT1T00499.htm
浜岡原発の永久停止決議、牧之原市議会が可決
 中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)から半径10キロ圏内にある同県牧之原市議会は26日の本会議で、運転停止中の同原発について永久停止を求める決議を賛成多数で可決した。

 決議を受けて同市の西原茂樹市長も本会議終了後、同原発の運転再開を認めない意向を表明した。いずれも法的効力はないが、中部電と安全協定を結んでいる地元4市で、こうした決議の可決や意向表明がされたのは初めて。

 決議は「『原発は安全』という神話が根底から崩れた」とした上で、「東海地震の震源域真上に立地する浜岡原発は、確実な安全・安心が将来にわたって担保されない限り、永久に停止すべきだ」としている。

 同市は今年6~7月、市民1300人を対象に同原発の今後について尋ねたアンケート調査を実施。停止や廃炉を求める意見が約6割を占めていた。
(2011年9月26日12時06分  読売新聞)

« 米、海へ原子炉投棄を画策 72年、日本に協力要請 | トップページ | 武器輸出三原則 民自公が見直し推進/NHK「日曜討論」 笠井氏批判「9条を破る」 »

民衆の運動」カテゴリの記事