無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 東・南シナ海巡る安保会議、日本が提唱へ | トップページ | 南スーダンPKO:第2次調査団を周辺国派遣へ »

2011年9月28日 (水)

浜岡永久停止で思考停止なら知的鎖国…静岡知事

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110928-OYT1T00105.htm
浜岡永久停止で思考停止なら知的鎖国…静岡知事

 全面停止中の中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)をめぐり、半径10キロ圏内にある静岡県牧之原市議会が永久停止を求める決議を可決、西原茂樹市長が同様の意向を表明したことについて、川勝平太・同県知事は27日の県議会代表質問で、「永久停止宣言で思考停止になったら知的な鎖国。そうならないように、科学的に評価し、県民の意見も踏まえて判断する」と述べた。

 安全性や経済合理性について県独自に検証した上で運転再開を判断する姿勢を強調したものだ。宮沢正美議員(自民改革会議)の質問に答えた。

 川勝知事は「永久停止を宣言して、(浜岡原発が)安全になるものでもない。安全性を高める、危険性を低めるためには、宣言ではなく、厳しく一つ一つチェックする以外にない」と述べ、永久停止を求める決議の有効性に疑問を示した。

 一方、牧之原市の西原市長は同日、決議に関する真意を尋ねに来た中部電力の水谷良亮・浜岡原子力総合事務所長らと同市役所相良庁舎で会談。この席で、西原市長は「まず市の中の意見を一つにした。これが全てではなく、意見をやりとりする中で結論が導き出されるだろう」と述べ、永久停止が最終的な判断ではないとの認識を示した。

 会談後、西原市長は記者団に「国や県、4市対協と議論する中で、私たちの決議が違うとなれば、例えば住民投票で全市民の意見を聞いて判断したい」と住民投票に言及。「永久停止」の意味は「使用済み燃料を持ち出し、放射能の心配がない状態にしてほしい。廃炉と言えば廃炉かもしれない」などと述べた。
(2011年9月28日07時48分  読売新聞)

« 東・南シナ海巡る安保会議、日本が提唱へ | トップページ | 南スーダンPKO:第2次調査団を周辺国派遣へ »

「国内情勢」カテゴリの記事