無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 浜岡原発の永久停止決議、牧之原市議会が可決 | トップページ | 南スーダンへの自衛隊派遣/賛成派からも慎重論 »

2011年9月26日 (月)

武器輸出三原則 民自公が見直し推進/NHK「日曜討論」 笠井氏批判「9条を破る」

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-09-26/2011092601_02_0.html
武器輸出三原則 民自公が見直し推進/NHK「日曜討論」 笠井氏批判「9条を破る」

 日本共産党の笠井亮政策委員長代理は25日、NHKの「日曜討論」に出演し、各党の政策責任者と日本の安保・外交政策などを議論しました。民主党の前原誠司政調会長が9月に米国で述べた武器輸出三原則見直しなどが議論になり、自民、公明両党はそろって推進姿勢を示しました。笠井氏は「憲法9条を破るものだ」と厳しく批判しました。(詳報)

 この日の討論に出席した前原氏は、(1)武器輸出三原則見直し(2)自衛隊の海外での武器使用基準の緩和―について改めて表明。「武器の(他国との)共同生産を可能にするのは民主党、政府としてほぼ結論が出ている。武器使用緩和の議論も煮詰まっている」として、法「改正」の与野党議論を呼びかけました。自民党の石破茂政調会長は「どちらもきわめて妥当。結論を出したい」と応じました。

 公明党の石井啓一政調会長は、武器輸出・共同開発について「従来から個別に例外措置を認めている。柔軟にやればいい」と容認。前原氏は「そのとおり。自公政権が例外規定を設けた。われわれも、具体性の中で議論すればいいと考えている」と呼応しました。

 笠井氏は、衆参両院で全会一致の武器輸出禁止決議がされてきたこと、外務省も、武器輸出しないことが国際社会をリードする日本の役割だとしてきたことを紹介。「従来は政府も『できない』といってきたものを、民主、自民が一緒になってやろうとしている。自公政権があけた風穴を大きくしてはならない」と批判しました。

 沖縄・普天間基地の辺野古「移設」でも、自公がそろって野田政権に日米合意履行を迫りました。笠井氏は「沖縄県民は『県内移設反対、日米合意を見直せ』といっている。県民の声に耳を傾けていない。普天間基地は無条件撤去で米側と交渉すべきだ」と主張しました。

 野田首相の初訪米全体についても、「普天間、原発の再稼働、TPP(環太平洋連携協定)―国民の多くが反対していることを米国に約束した。国際舞台でアメリカには顔を向けるが、国民には背を向けるものだ」と批判しました。

« 浜岡原発の永久停止決議、牧之原市議会が可決 | トップページ | 南スーダンへの自衛隊派遣/賛成派からも慎重論 »

「国内情勢」カテゴリの記事