無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 比例代表連用制、提案へ 公明が協議会設置呼びかけ | トップページ | 議員立法、党政調が決定=政策決定規則を発表-民主 »

2011年9月14日 (水)

嘉手納統合案を検証=予算大幅削減で-次期米国防副長官

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
嘉手納統合案を検証=予算大幅削減で-次期米国防副長官

 【ワシントン時事】米国防副長官に指名されたカーター国防次官(調達・技術・補給担当)の指名承認公聴会が13日、上院軍事委員会で開かれた。カーター次官は国防予算削減を進める中で、レビン軍事委員長らが提示している、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の空軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合案を検証する考えを示した。
 普天間移設は在沖縄海兵隊グアム移転とセットとなっている。日米は普天間を同県名護市辺野古に移設する現行案を堅持しているが、グアム移転の予算審議の権限を握る議会の提言だけに、国防総省は統合案を排除できない事情もある。
 カーター次官は、レビン委員長らの移設計画見直し案について「テーブルの上にある」と証言し、検証対象になっているとした。 
 レビン委員長は、日米合意を大幅に上回るコストが政府監査院(GAO)に指摘された在沖縄海兵隊のグアム移転費も精査するよう要請した。
 同委員長はこの日の公聴会で、在外米軍のコスト削減のために、欧州駐留米軍の体制についても見直すよう求め、「米本土帰還を含めた海外駐留米軍の再配置を検討する必要がある」と指摘した。(2011/09/14-10:18)

« 比例代表連用制、提案へ 公明が協議会設置呼びかけ | トップページ | 議員立法、党政調が決定=政策決定規則を発表-民主 »

日米関係」カテゴリの記事