無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 金権政治打破が原点=保守自任、攻撃的な言葉も-野田新首相 | トップページ | 雑記(196)どじょう備忘録 »

2011年9月 2日 (金)

野田新首相 財務相当時の昨年10月/経団連会長から接待/税制論議のさなか

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-09-02/2011090201_01_1.html
野田新首相 財務相当時の昨年10月/経団連会長から接待/税制論議のさなか

 野田佳彦新首相が財務相当時の昨年10月29日、日本経団連の米倉弘昌会長の接待宴に招かれていたことが1日、わかりました。接待宴は、政府税制調査会で法人税引き下げや消費税増税を含む税制「改正」論議が交わされていた時期。政府の税財政政策の責任閣僚が財界トップから宴席に招かれたことで政策がゆがめられたとしたら、野田氏と米倉会長の密接な関係が政治問題化することは避けられません。

(写真)米倉日本経団連会長(住友化学会長)が野田佳彦新首相(当時財務相)を会食に招いた案内状

 宴席は同日午後6時半から東京都港区六本木1丁目の泉ガーデンタワー42階にある「住友会館」でした。住友会館は、住友グループ企業の「迎賓館」的なもてなしの場です。

 会合の案内状は、米倉氏の出身企業である住友化学会長の名で出されました。野田氏のほか野田グループ幹部の蓮舫行政刷新担当相(当時)、手塚仁雄(よしお)民主党総括副幹事長も招待されましたが、蓮舫氏は事前に欠席を通知していました。政治家のほか坂根正弘日本経団連副会長(小松製作所会長)、丹呉泰健(やすたけ)前財務省事務次官と民間人1人が招かれました。

 野田氏が民主党代表に選出された8月29日、米倉日本経団連会長は「税・財政・社会保障をはじめとする政策に通じ、かつ、安定感と行動力を持った政治リーダー」と最大限の歓迎談話を発表しています。

 衆議院の政治倫理綱領(1985年6月25日議決)では「政治不信を招く公私混淆(こんこう)を断ち、清廉を持し、かりそめにも国民の非難を受けないよう政治腐敗の根絶と政治倫理の向上に努めなければならない」とされています。

 日本経団連と住友化学は税制などで財務省と利害関係を有します。米倉会長の野田財務相接待は、政治倫理綱領が指摘する「公私混淆」に相当する疑いがあるうえ、特定の私企業からもてなしをうけた政治的道義的責任が問われます。

 本紙の取材に対して、1日現在、野田佳彦衆院議員事務所からは回答がなく、住友化学からは「本日中の回答は難しい」との連絡がありました。

« 金権政治打破が原点=保守自任、攻撃的な言葉も-野田新首相 | トップページ | 雑記(196)どじょう備忘録 »

「国内情勢」カテゴリの記事