無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(201)ドングリの実 | トップページ | 非対称な日米同盟解消を=外務省系雑誌のインタビューで前原氏 »

2011年9月29日 (木)

<スイス>原発稼働、2034年までに停止へ 上院承認

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110929-00000020-mai-int

<スイス>原発稼働、2034年までに停止へ 上院承認

毎日新聞 9月29日(木)10時31分配信
 【ジュネーブ伊藤智永】スイスの全州議会(上院)は28日、国内にある原発5基の稼働を2034年までに段階的に停止し、更新を禁止する政府方針を承認した。国民議会(下院)は6月に承認済みだが、条文が一部修正されたため、法案は国民議会での再可決を経て成立する。

 スイスでは北部ベツナウ、ライプシュタット、ゴスゲンと西部ミュールベルグに計5基の原発が稼働中で、原発が電力供給の4割を占める。政府は福島第1原発事故後、既存原発を更新しない方針を打ち出した。10月23日に実施される総選挙を経て、新政府が来年、廃炉の道筋を具体化する法案を国民議会に提出する予定だ。

 議会審議では廃炉の財政負担や原発を再生可能エネルギーに置き換える技術的な問題点が指摘され、全州議会エネルギー委員会では「安全性が確保された新技術による原発建設は認めるべきだ」との主張が強かった。このため、既存原発の廃止がただちに「脱原発」に結びつくかは、なお不透明だ。

 一方、環境保護派の政党は「脱原発」に向けて政府に廃炉時期を前倒しさせることを目指し、国民投票を実施するための署名集めを行う方針だ。

« 雑記(201)ドングリの実 | トップページ | 非対称な日米同盟解消を=外務省系雑誌のインタビューで前原氏 »

「国際情勢」カテゴリの記事