無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 来月19日「さようなら原発集会」/著名人9氏が呼びかけ/東京で開催 | トップページ | 毎日世論調査:原発「時間かけて削減すべきだ」74% »

2011年8月21日 (日)

原発周辺、長期間住めないと判断…首相陳謝へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000928-yom-pol

原発周辺、長期間住めないと判断…首相陳謝へ

読売新聞 8月21日(日)3時1分配信
 政府は20日、東京電力福島第一原子力発電所事故で高濃度の放射性物質に汚染された周辺の一部地域について、長期間にわたって居住が困難になると判断し、警戒区域を解除せず、立ち入り禁止措置を継続する方針を固めた。

 数十年続くとの見方も出ている。菅首相が地元自治体に直接説明し、避難の長期化を陳謝する方向で検討している。具体的な地域は、福島県双葉、大熊両町の原発3キロ・メートル圏内などを念頭に精査する。

 政府は4月、原発20キロ圏内を原則として立ち入りを禁じる警戒区域に設定。来年1月中旬までに原子炉が安定的に停止する「冷温停止状態」を達成し、警戒区域を解除する方針を示してきた。

 しかし、文部科学省が原発20キロ圏内の警戒区域内で事故発生後の1年間で浴びる放射線の積算量を推計したところ、大熊、双葉両町を中心とする35地点で、計画的避難区域などの指定の目安となる年間20ミリ・シーベルトを大きく超えた。原発から西南西に3キロ離れた大熊町小入野では508・1ミリ・シーベルト、同町夫沢でも393・7ミリ・シーベルトと、高い推計値を示した。

最終更新:8月21日

« 来月19日「さようなら原発集会」/著名人9氏が呼びかけ/東京で開催 | トップページ | 毎日世論調査:原発「時間かけて削減すべきだ」74% »

東日本大震災」カテゴリの記事