無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 200年衆院選野田佳彦公約 | トップページ | 日米共同演習 シナリオ判明/日本侵略と島しょ対応を想定 »

2011年8月30日 (火)

首相の靖国参拝、問題ないとの認識「今も変わらず」と野田氏

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0815/san_110815_6755263411.html
首相の靖国参拝、問題ないとの認識「今も変わらず」と野田氏
産経新聞8月15日(月)20時33分
野田佳彦財務相(酒巻俊介撮影)

 野田佳彦財務相は15日の記者会見で、野党時代に提出した質問主意書で「戦犯の名誉は回復されており、『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない」として、首相の靖国神社参拝は問題ないとした認識について「基本的に考えは変わらない」と述べた。

 ただ、野田氏はこの日の会見では、首相が靖国神社を参拝することの是非は「首相になる方の判断だ」と述べ、自身が首相に就任した場合の対応については「仮定の話だ」として明言を避けた。野田氏はこの日、参拝しなかった。

 野田氏は平成17年(2005年)、党国対委員長時代に提出した質問主意書で「サンフランシスコ講和条約と4度の国会決議などで、すべての戦犯の名誉は法的に回復されている」と強調。小泉純一郎首相(当時)が国会答弁で、靖国神社に合祀(ごうし)されている「A級戦犯」を「戦争犯罪人だと認識をしている」と述べたことを批判している。

« 200年衆院選野田佳彦公約 | トップページ | 日米共同演習 シナリオ判明/日本侵略と島しょ対応を想定 »

「国内情勢」カテゴリの記事