無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 脱原発肯定40%、否定47%=7割が「来年までに衆院選」-時事世論調査 | トップページ | 沖縄県知事、訪米し普天間県外移設を訴える意向 »

2011年8月12日 (金)

前原前外相、代表選不出馬の意向 グループ幹部に伝える

http://www.asahi.com/politics/update/0812/TKY201108120212.html
前原前外相、代表選不出馬の意向 グループ幹部に伝える

 前原誠司前外相が11日夜、自らの議員グループ幹部との会合で、菅直人首相の後任を決める民主党代表選について「今回は(将来への)準備期間としたい」と述べ、立候補しない意向を伝えたことが分かった。

 会合には仙谷由人代表代行、枝野幸男官房長官らが出席。前原氏は出席者から「今回立候補しないと、来年9月の代表選にも出られない可能性がある」と指摘され、「日本の国益のためになるならそれでもいい」と語ったという。前原氏は仙谷氏らと野田佳彦財務相の支援に回るとみられる。

 前原氏は在日外国人による献金問題で今年3月に外相を辞任し、立候補に慎重だった。ただ、知名度が高く、「選挙の顔」としての期待もあることから、本命不在の中で前原氏への待望論が高まれば再考する可能性もある。

« 脱原発肯定40%、否定47%=7割が「来年までに衆院選」-時事世論調査 | トップページ | 沖縄県知事、訪米し普天間県外移設を訴える意向 »

「国内情勢」カテゴリの記事