無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 沖縄・八重山:「憲法改正を誘導」 密室3時間半 激論2011年8月24日 | トップページ | 推薦人で透ける代表選、各陣営の支持拡大と思惑 »

2011年8月26日 (金)

9陣営、党代表選の事前説明会に…過去最多

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20110825-OYT1T00506.htm
9陣営、党代表選の事前説明会に…過去最多

 民主党は25日午前、党本部で菅首相(民主党代表)の後継を決める党代表選の事前説明会を開いた。計9陣営の関係者が出席し、「乱立」の代表選を象徴する形となり、党中央代表選挙管理委員会(古賀一成委員長)が各陣営に代表選の日程や段取りなどを詳しく説明した。

 説明会には立候補を表明した前原誠司前外相(49)や出馬の意向を固めている野田財務相(54)、立候補を検討している鹿野農相(69)、海江田経済産業相(62)、小沢鋭仁(さきひと)元環境相(57)、樽床伸二衆院国家基本政策委員長(52)、馬淵澄夫前国土交通相(51)の各陣営のほか、平野博文元官房長官(62)や平岡秀夫総務副大臣(57)の関係者も出席した。

 代表選の説明会に9議員の関係者が出席したのは、過去最多という。

 ただ、説明会に出席しても、「推薦人が集まらない」などの理由で、出馬を辞退する可能性もある。平野氏は国会内で記者団に、自身の出馬はないとの見通しを示した。平岡氏は出馬に必要な党所属国会議員20人の推薦人確保のめどが立っていない。

 代表選は27日朝に告示され、29日午前に都内のホテルで開かれる両院議員総会で、小沢一郎元代表ら党員資格停止中の9人を除く党所属国会議員398人の無記名投票が行われる。
(2011年8月25日13時49分  読売新聞)

« 沖縄・八重山:「憲法改正を誘導」 密室3時間半 激論2011年8月24日 | トップページ | 推薦人で透ける代表選、各陣営の支持拡大と思惑 »

「国内情勢」カテゴリの記事