無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(192)ちょっと、いたずらしました | トップページ | 首相決意も見えぬ道筋 異例の広島「脱・原発依存」宣言 »

2011年8月 7日 (日)

脱原発依存、菅首相では限界=自民総裁

「菅首相には限界がある」のは谷垣さんに言われるまでもないが、「訴えた事は当然だ」というのは、谷垣さん、どうなんだ。あなたの所は「原発の維持・継続」ではなかったのですか。こういうのはポピュリズムというのではないですか。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011080600173
脱原発依存、菅首相では限界=自民総裁

 自民党の谷垣禎一総裁は6日午前、菅直人首相が広島市で開かれた原爆死没者慰霊式・平和祈念式でのあいさつで「脱原発依存」を目指す考えを示したことについて、「原発に依存しないエネルギー政策を訴えたことは当然だ。ただ、難しい事柄はトップリーダーの断固たる決意がなければなかなか進まない。やはり、今の菅首相には限界がある」と述べ、退陣表明した首相が長期的課題を掲げることをけん制した。同市内で記者団に語った。
 公明党の山口那津男代表も同市内で記者会見し、「遠い将来の政策を縛るようなことを、退陣表明した首相が口にするのはやや無責任だ。説得力に乏しい」と批判した。(2011/08/06-12:03)

« 雑記(192)ちょっと、いたずらしました | トップページ | 首相決意も見えぬ道筋 異例の広島「脱・原発依存」宣言 »

「国内情勢」カテゴリの記事