無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 防衛白書「震災支援で同盟深化」/中国を「高圧的」と明記 | トップページ | 東京【社説】動的防衛力 周辺国に説明を尽くせ »

2011年8月 3日 (水)

吉永小百合さん:「原発なくしてほしい」 日本母親大会で

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110801k0000m040095000c.html?inb=yt
吉永小百合さん:「原発なくしてほしい」 日本母親大会で
日本母親大会で地元小学生らと合唱する俳優の吉永小百合さん(中央)=広島市中区で2011年7月31日午後、共同(日本母親大会提供)

 広島市で31日開かれた日本母親大会で、原爆詩を朗読した俳優の吉永小百合さん(66)が「地震の多い日本では原子力発電所をなくしてほしい」と語った。

 冒頭で吉永さんは「原子力の平和利用という言葉がよく使われていて、私自身あいまいに受け止めていた」とこれまでを振り返り、「高速増殖原型炉もんじゅは恐ろしいと聞いてはいたが、普通の原子力をもっと知っておくべきだった」と厳しい表情で話した。

 「東北からの出席者に祈りを込めて詩を朗読します」と語り掛け、「にんげんをかえせ」で知られる故峠三吉の「原爆詩集」の序詩や故栗原貞子の「生ましめんかな」など6編を朗読。広島市の小学生ら約80人とともに平和への願いを込めた「折り鶴」を合唱した。

 原爆詩の朗読は、吉永さんがライフワークとして1986年から続けている。今回は、30日から広島市で開かれていた日本母親大会の特別企画として招かれ朗読した。

 福島の原発事故を受け、長女(5)と初参加した神奈川県茅ケ崎市の主婦、広瀬純子さん(35)は「吉永さんの透き通るような声が心に染みた。事故前は原発は安心で必要と考えていたが、今は被爆国日本で核エネルギーが利用されることに反対だ」と話した。(共同)

« 防衛白書「震災支援で同盟深化」/中国を「高圧的」と明記 | トップページ | 東京【社説】動的防衛力 周辺国に説明を尽くせ »

民衆の運動」カテゴリの記事