無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「A級戦犯 犯罪人でない」 野田氏「考えは不変」 | トップページ | 東京【社説】再生エネルギー 原発予算回して育てよ »

2011年8月19日 (金)

首相訪米、オバマ大統領の予定に…でも誰が?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110819-00000250-yom-pol

首相訪米、オバマ大統領の予定に…でも誰が?

読売新聞 8月19日(金)10時12分配信
 秋に始まる“外交シーズン”のうち、日本にとって最初の主要日程である日米首脳会談をめぐり、日米双方の政府が調整に苦慮している。

 会談は9月上旬にワシントンで行われる予定だったが、菅首相を継ぐ新首相選出後の政権の見通しが立たず、米側は18日までに、22~24日のバイデン副大統領の訪日までに日本側が態度を決めるよう求めた。

 政府筋によると、日本の政局混迷にもかかわらず、米側は、菅首相の公式訪米のために仮押さえしていた9月第2週のオバマ大統領の予定をまだ空けてあるという。日本の首相の訪米を米側が拒否した形を作りたくないとの考えがあるとみられる。

 これに乗ずる形で、日本の外交当局は、「新首相が今月末に選ばれ、ただちに新政権が発足すれば、9月上旬の訪米の可能性はある」と米側に伝え、新首相選出までの猶予を求めている。

 菅首相の訪米は、過去に事実上2回延期された経緯もあり、外交当局としては、就任直後の首相訪米が実現すれば、日米関係の改善に資する、との考えがあるようだ。

最終更新:8月19日(金)10時12分

« 「A級戦犯 犯罪人でない」 野田氏「考えは不変」 | トップページ | 東京【社説】再生エネルギー 原発予算回して育てよ »

日米関係」カテゴリの記事