無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団的自衛権の行使容認=「代表選公約」を発表-小沢鋭氏 | トップページ | 義援金配分32%止まり 被災都道県に85%送金済み »

2011年7月27日 (水)

被曝の恐れ顧みず全員志願…米軍司令官が秘話

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110727-OYT1T00839.htm
被曝の恐れ顧みず全員志願…米軍司令官が秘話

 在日米軍のバートン・フィールド司令官は27日、都内で在日の米経済人らを前に講演し、東日本大震災後に行った支援活動「トモダチ作戦」の内幕を語った。

 「被曝(ひばく)するかもしれないが、志願者はいるか」

 フィールド司令官が東京・横田基地でパイロットらにこう問いかけたのは震災から3日後の3月14日。福島第一原発周辺の放射線量計測のための飛行を命じた際のことだ。放射能漏れの実態はまだよくわからず、大量被曝の恐れも否定できない中での任務だったが、パイロットらは全員が参加を志願したという。計測された放射線量は日本政府に伝達され、事故への初期対応策定で活用された。

 司令官は、自分たちの家族の安否も分からない中、被災地での任務を続けた自衛隊員のことを「本当に英雄的だった」と称賛。「(自衛隊を)側面支援できたことを栄誉に思う」とトモダチ作戦を振り返った。
(2011年7月27日18時24分  読売新聞)

« 集団的自衛権の行使容認=「代表選公約」を発表-小沢鋭氏 | トップページ | 義援金配分32%止まり 被災都道県に85%送金済み »

東日本大震災」カテゴリの記事