無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日経31日社説: 円高と電力不足を放置していいのか | トップページ | 今週の相場見通し 米国の債務上限引き上げ問題次第、天国と地獄の分かれ目 »

2011年7月31日 (日)

<再生可能エネルギー>日本の特許が55% 世界で最多

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110731-00000012-mai-bus_all

<再生可能エネルギー>日本の特許が55% 世界で最多

毎日新聞 7月31日(日)12時2分配信
 世界各国で出願された4万7000件余りの再生可能エネルギーに関する特許のうち、日本で出願された特許件数が全体の55%を占めることが、環境省のまとめで分かった。日本の活発な研究現場の実態を示す一方、生産現場の技術力は他国に及ばないとの専門家の評価もあり、実用化に向けた幅広い展開が今後の課題になりそうだ。

 世界知的所有権機関(WIPO)の調査を踏まえて同省が調べ、中央環境審議会に報告した。中国は91~06年、その他は70~00年代を対象に調べた結果、日本での特許出願が55%で、米国21%▽欧州7%▽複数国で有効な国際出願7%▽韓国7%▽中国3%と続いた。

 日本での特許出願のうち、太陽光発電・太陽熱などの太陽エネルギーが57%と最多で、水力14%▽バイオエネルギー12%▽風力8%▽地熱5%▽海流や潮の満ち引きなどを利用する潮力や波力4%。

 独立行政法人・科学技術振興機構の「科学技術・研究開発の国際比較」11年版によると、日本の再生可能エネルギーは「大学・公的機関の研究」「企業の研究開発」で4段階評価で最も高い「非常に進んでいる」とされたが、「企業の生産現場の技術力」では「進んでいる」にとどまり、欧州や中国の「非常に進んでいる」に及ばなかった。

 国際比較は同機構が専門家に依頼し、最新の文献や国際学会の動向、研究者や技術者からの聞き取り調査結果などをまとめたもの。日本については「国内市場が小さく技術の実用化が遅れている。太陽電池と風力発電は世界市場が急速に拡大しているが、コスト競争力の点で劣勢」などとされた。同省は「技術開発力では他国を圧倒しているが、産業への展開に課題があり、いつの間にかシェアを海外企業に奪われているのが現実だ」と分析している。【江口一】

« 日経31日社説: 円高と電力不足を放置していいのか | トップページ | 今週の相場見通し 米国の債務上限引き上げ問題次第、天国と地獄の分かれ目 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事