無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 首相、10月訪中検討 側近に指示 「居座り」画策 | トップページ | 20年後の電気料金、原発撤退なら月2千円増 »

2011年7月 3日 (日)

日本も世界も脱原発を=社会主義インターで訴え-福島党首

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011070200244
日本も世界も脱原発を=社会主義インターで訴え-福島党首

 社民党の福島瑞穂党首は2日午前(日本時間同日午後)、アテネで開かれた国際組織「社会主義インターナショナル」の理事会で演説し、「福島第1原発事故はいったん事故が起きた場合、人間が原発をコントロールできなくなることを示した。日本も世界も脱原発に進まなくてはならない」と述べ、脱原発への取り組みを世界的に加速させるよう訴えた。
 福島氏は「科学技術が進歩している日本で事故を防ぐことはできなかった。核と人類は共存できない」と強調。日本政府が事故後に「最高水準の安全性を目指す」として原発継続を打ち出したことについて、「世界一安全な原発ですら、自然の脅威の前に再び事故を起こすのではないか。政府は事故から何も学んでいない」と批判した。(2011/07/02-18:00)

« 首相、10月訪中検討 側近に指示 「居座り」画策 | トップページ | 20年後の電気料金、原発撤退なら月2千円増 »

「国内情勢」カテゴリの記事