無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 原発再稼働 安全おざなり 馬淵前首相補佐官に聞く | トップページ | 沖縄振興計画で提言=社民 »

2011年7月 6日 (水)

武器輸出3原則見直しを…防衛省の有識者会議

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110706-OYT1T00563.htm
武器輸出3原則見直しを…防衛省の有識者会議

 防衛省の有識者会議「防衛生産・技術基盤研究会」(座長・白石隆政策研究大学院大学長)は6日、国内の防衛産業の維持・育成に向け、企業が戦闘機などの防衛装備品や関連技術の国際共同開発・生産に参加できるよう、武器輸出3原則の見直しを検討すべきだとする中間報告を公表した。

 中間報告は、日本企業の国際共同開発・生産への参加により、米国や米国と同盟を結ぶ友好国との装備品の相互運用性が高まり、開発・生産コストを低減できるなどの利点を強調した。そのうえで、「必要な先端装備品をタイムリーに取得・配備できないおそれが大きく、我が国の安全保障にとって大きな制約だ」とし、3原則見直しを求めた。

 同研究会は防衛産業へのアンケートなどで実態を把握し、来年2月に最終報告をまとめる予定だ。
(2011年7月6日12時54分  読売新聞)

« 原発再稼働 安全おざなり 馬淵前首相補佐官に聞く | トップページ | 沖縄振興計画で提言=社民 »

「国内情勢」カテゴリの記事