無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 原発抜きに国の発展ない…日本原燃社長が反論 | トップページ | 日本再興|自民党が目指す将来像 (国家戦略本部) »

2011年7月30日 (土)

F22戦闘機、長期の飛行停止=操縦士体調不良続出で-米空軍

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011073000185
F22戦闘機、長期の飛行停止=操縦士体調不良続出で-米空軍

 【ワシントン時事】米空軍の抑止力の要のF22ステルス戦闘機が全機、5月から約3カ月間にわたり、飛行停止になっていることが30日、分かった。米空軍が明らかにした。F22の操縦士が体調不良を訴えるケースが相次いだためで、排ガスなどの有害物質がコックピットに紛れ込んだ可能性も出ている。
 空軍はF22を140機以上保有。沖縄の嘉手納基地にも飛来し、朝鮮半島や東シナ海での警戒任務にも就いている。アジア太平洋の米軍の抑止力を支えているだけに、影響が懸念されている。
 空軍などによると、14件の体調不良の報告があり、5月3日からF22全機が飛行停止の異常事態になっている。症状には飛行中の意識障害も含まれており、空軍は操縦士の血液検査をするなどして、原因を調べている。飛行中に一酸化炭素中毒になった可能性もあるという。(2011/07/30-14:03)

« 原発抜きに国の発展ない…日本原燃社長が反論 | トップページ | 日本再興|自民党が目指す将来像 (国家戦略本部) »

「国際情勢」カテゴリの記事