無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 沖縄振興計画で提言=社民 | トップページ | <特集ワイド>研究の前線で反原発 住民支える「異端」--京大原子炉実験所・小出助教 »

2011年7月 7日 (木)

原発再開巡り閣内亀裂…首相の経産省不信が背景

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110707-00000212-yom-pol

原発再開巡り閣内亀裂…首相の経産省不信が背景

読売新聞 7月7日(木)9時21分配信
拡大写真
読売新聞
 菅首相は6日、原子力発電所の再稼働に向けた新たなルールを策定する考えを打ち出した。

 海江田経済産業相の働きかけによってすでに再稼働受け入れを表明した自治体もある中で、唐突に再稼働の判断を先送りする姿勢に転じたものといえる。エネルギー政策の根幹にかかわる重要な決断が一貫性なく示されたことに、政府内のみならず、全国に戸惑いが広がった。

 「大震災が起きた後なのに、経産省の原子力安全・保安院が『安全だ』と言うからって、そのまま再開というのは通らないだろう」

 首相は5日、首相官邸に海江田経産相、細野原発相を呼び、九州電力玄海原子力発電所など原発の再稼働問題への対応を協議した。首相はこの中で、全原発を対象に、津波や地震への耐震性の限界を調べる「ストレステスト(耐性検査)」を導入するよう指示した。

 首相のこの発言や、唐突にも見える6日の「新ルール作成」指示の背景には、東京電力福島第一原発事故以来の「経産省不信」があると指摘されている。

 首相がこだわったのは、ストレステストに内閣府の原子力安全委員会を関与させることだ。経産省だけの判断で再稼働を決められないようにするためとされる。

 実際、首相のブレーンらの間では、海江田氏が原発再稼働を要請したことについて、「時期尚早だ」との声が漏れていた。首相周辺の一人は最近、首相に「海江田さんが『原発が安全だ』と言っても、誰もそう受け止めませんよ」と助言した。

 首相と海江田氏の立場の違いは、閣内不一致として表面化した。

最終更新:7月7日(木)9時21分

« 沖縄振興計画で提言=社民 | トップページ | <特集ワイド>研究の前線で反原発 住民支える「異端」--京大原子炉実験所・小出助教 »

「国内情勢」カテゴリの記事