無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 今週の相場見通し 米国の債務上限引き上げ問題次第、天国と地獄の分かれ目 | トップページ | 「高圧的」は国際社会の見方=北沢防衛相 »

2011年7月31日 (日)

人民解放軍副総参謀長「日本は危険な方向に」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110731-00000031-yom-pol

人民解放軍副総参謀長「日本は危険な方向に」

読売新聞 7月31日(日)13時49分配信
 今月26日に行われた日中防衛次官級協議で、中国人民解放軍の馬暁天(まぎょうてん)副総参謀長が、南西諸島への陸上自衛隊配備計画や、海上自衛隊による東シナ海での警戒・監視活動の強化方針を問題視し、「日本は危険な方向に向かっている」と批判していたことが分かった。

 これに対し、中江公人防衛次官は、「陸自の配備は日本防衛の空白地域をなくす意味がある。特定の国を想定していない」と説明した。

 また、「専守防衛という日本の防衛政策の基本方針に変わりはない」と反論した。複数の政府関係者が30日、明らかにした。

 会談は、防衛省で約4時間行われた。この中で、馬氏は、陸自配備は中国をけん制するものだとの認識を示した。日本が新たな「防衛計画の大綱」(防衛大綱)や、先月の日米共同声明で、東シナ海や南シナ海で海洋活動を活発化させている中国を念頭に、「脅威」や「懸念」を表明している点についても、「我々には何ら懸念されるようなことはない。南シナ海問題は(中国と周辺国との)2国間の話であり、米国は関係ない」と主張した。

 中江氏は、馬氏に対し、中国の軍事活動の透明性向上に向けた一層の取り組みを求めた。

« 今週の相場見通し 米国の債務上限引き上げ問題次第、天国と地獄の分かれ目 | トップページ | 「高圧的」は国際社会の見方=北沢防衛相 »

「国際情勢」カテゴリの記事