無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« <海江田経産相>インタビュー 菅首相の「脱原発」を批判 | トップページ | 日米が「トモダチ基金」設立検討 被災企業の事業支援 »

2011年7月18日 (月)

南スーダン:日本、PKO派遣難航 震災で人員余裕なく

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110718k0000m010078000c.html
南スーダン:日本、PKO派遣難航 震災で人員余裕なく

 日本政府は国連から、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に参加を打診されたが、当面は困難な状況だ。派遣を想定する陸上自衛隊は東日本大震災の復興活動などで人員の余裕がなく、菅直人首相の退陣表明後の混乱で政府・与党の検討も進んでいない。政府内では「派遣するにしても年明け以降」(防衛省幹部)との声が出ている。

 国連安全保障理事会は8日、南スーダンの独立に伴い、インフラ整備要員や警察官など約8000人規模のPKO部隊「国連南スーダン派遣団(UNMISS)」を派遣することを決めた。日本には道路整備やがれき撤去などを行う施設部隊の派遣を求めている。

 しかし、自衛隊は現在も2万人を超える規模で震災対応を続けている。また、施設部隊はハイチ大地震の復興を支援するPKOに、昨年2月から約330人を半年交代で投入中で、余力は乏しい。南スーダンの治安情勢に不安もある。

 首相退陣表明後の混乱した政治状況も拍車をかける。もともと、民主党政権はPKO参加による国際貢献には積極的で、昨年10月には「PKOの在り方に関する懇談会」を設置し、自衛隊の派遣条件を緩和するPKO5原則見直しを視野に入れていた。

 ところが、懇談会は今月4日に中間報告で5原則見直しを先送り。座長の東祥三副内閣相は「方向性を決めたいとの思いもあったが、政治的リーダーシップが必要」と語り、PKOに対する政権の関心が低下していることを認めた。【
坂口裕彦】

毎日新聞 2011年7月17日 21時04分

« <海江田経産相>インタビュー 菅首相の「脱原発」を批判 | トップページ | 日米が「トモダチ基金」設立検討 被災企業の事業支援 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事