無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 電力業界、35年前から個人寄付 各社役員横並び自民へ | トップページ | FX飛ばさず選定へ 防衛省 1兆円の買い物なのに…  »

2011年7月24日 (日)

「線量計つけず作業、日本人の誇り」 海江田氏が称賛

まるで「特攻隊は日本人の誇りだ」とでもいう話だ。トンデもない話だ。海江田大臣は、即刻、これらの労働者の存在を徹底的に調べて、東電に医療的な対処をさせなくてはならない。行方不明などという話を許してはならない。東電の管理責任を厳重に問うべきだ。(高田)

http://www.asahi.com/national/update/0723/TKY201107230699.html
「線量計つけず作業、日本人の誇り」 海江田氏が称賛

 海江田万里経済産業相は23日のテレビ東京の番組で、東京電力福島第一原子力発電所事故後の作業に関連し、「現場の人たちは線量計をつけて入ると(線量が)上がって法律では働けなくなるから、線量計を置いて入った人がたくさんいる」と明らかにした。「頑張ってくれた現場の人は尊いし、日本人が誇っていい」と称賛する美談として述べた。

 番組終了後、記者団に対し、線量計なしで作業した日時は確かでないとしたうえで、「勇気のある人たちという話として聞いた。今はそんなことやっていない。決して勧められることではない」と語った。

 労働安全衛生法では、原発で働く作業員らの健康管理に関連し、緊急作業時に作業員は被曝(ひばく)線量の測定装置を身につけて線量を計るよう義務づけられている。作業員らが被曝線量の測定装置をつけずに作業をしていたのなら、法違反にあたる。厚生労働省は、多くの作業員に線量計を持たせずに作業をさせたとして5月30日付で東電に対し、労働安全衛生法違反だとして是正勧告している。

« 電力業界、35年前から個人寄付 各社役員横並び自民へ | トップページ | FX飛ばさず選定へ 防衛省 1兆円の買い物なのに…  »

「国内情勢」カテゴリの記事