無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(177)梅雨の晴れ間 | トップページ | 津波の危険、過小評価と指摘 IAEA報告書素案判明 »

2011年6月 1日 (水)

「地震が原因」指摘相次ぐ不完全な耐震基準 全国で稼働中の原発の停止を

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/
「地震が原因」指摘相次ぐ不完全な耐震基準 全国で稼働中の原発の停止を

 ドイツでは二〇二二年までの「脱原発」実現で与野党が合意した。方向転換を促したのは「フクシマ」だ。その福島第一原発事故では、津波による電源喪失が原発暴走の要因とされてきた。しかし、津波以前に地震による損傷が原因では、との指摘が相次いでいる。そうだとすれば、耐震基準の不備が問題だ。全国で稼働中の原発も、津波対策の強化だけでは安全性は確保できない。 (鈴木伸幸、秦淳哉)(6月1日 紙面から)

« 雑記(177)梅雨の晴れ間 | トップページ | 津波の危険、過小評価と指摘 IAEA報告書素案判明 »

東日本大震災」カテゴリの記事