無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 早期の体制づくり必要=「大連立でも何でもいい」-経団連会長 | トップページ | 【社説】原発事故報告 国民は後回しなのか »

2011年6月 9日 (木)

首相後継、野田財務相が軸 民主代表選に擁立へ

http://www.asahi.com/politics/update/0608/TKY201106080683.html
首相後継、野田財務相が軸 民主代表選に擁立へ

 民主党の岡田克也幹事長や仙谷由人代表代行、枝野幸男官房長官ら菅政権の中枢幹部は菅直人首相の後継について、野田佳彦財務相(54)を軸に調整に入った。後継首相を事実上決める党代表選に擁立する方針だ。第2次補正予算案や特例公債法案の成立のため、野田財務相なら野党の理解を得やすいと判断。野田氏は前向きとみられ、有力候補に浮上した。

 菅首相の辞任表明を受けて岡田、仙谷、枝野各氏や安住淳国会対策委員長らは8日までに「ポスト菅」について会談を重ねた。岡田、仙谷、枝野各氏は代表選に立候補しないことを確認したうえ、野田氏が新代表に最適任との認識で一致した。

 仙谷氏らはこれを踏まえて自民、公明両党などに対し、菅首相辞任後の協力要請を始めた。首相が月内に退陣表明することを念頭に7月上旬にも代表選を行う日程も大筋合意した。

 財務相である野田氏が浮上した背景には、震災復興に充てる2次補正の編成を控え、政策の継続性を重視する点がある。菅政権と対立してきた小沢一郎元代表のグループで、野田氏への拒否感が比較的小さいことも理由だ。小沢氏は最近、「過去の言動や振る舞いにとらわれない」と「脱小沢」系候補も支持する可能性に言及。野田氏は小沢氏の「政治とカネ」を巡る処分に関与しておらず、小沢グループ内で野田氏を容認する議員も出始めている。

« 早期の体制づくり必要=「大連立でも何でもいい」-経団連会長 | トップページ | 【社説】原発事故報告 国民は後回しなのか »

「国内情勢」カテゴリの記事