無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 海賊対策、1年延長を了承=民主 | トップページ | 被災地の自衛隊、10万人態勢解除へ 政権方針 »

2011年6月30日 (木)

「宮城だけでも大連立」 自・公、民主県連に申し入れ

http://www.asahi.com/politics/update/0630/TKY201106300130.html
「宮城だけでも大連立」 自・公、民主県連に申し入れ
 宮城県選出の国会議員たちが「大連立」に向けて動き始めた。自民党県連と公明党県本部が30日、民主党県連に申し入れる。地域限定だが、永田町での与野党対立のあおりで東日本大震災からの復興策が遅れていることに、被災地の議員たちが業を煮やした形だ。

 自民党県連会長の小野寺五典衆院議員らが、民主党県連代表の今野東参院議員に支援策を3党で検討する「復興協議会」の設立を呼びかける。民主党県連は幹事会などで受け入れの可否を検討する。

 野党側の構想では、3党の地元代表らが定期的に会合を開いて提言をまとめ、東日本大震災の復興対策本部宮城現地対策本部に申し入れていく。小野寺氏は「国会が動かないので、県レベルで被災地の意見をダイレクトに政府に伝えていきたい」と話した。(田伏潤)

« 海賊対策、1年延長を了承=民主 | トップページ | 被災地の自衛隊、10万人態勢解除へ 政権方針 »

「国際情勢」カテゴリの記事