無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 退陣要求に対抗…ささやかれる「脱原発解散」 | トップページ | 東京新聞【社説】/復興構想 増税だけが決まるのか »

2011年6月26日 (日)

東電、1号機でも通報遅れ 水素爆発の前日に兆候つかむ

続出する情報隠しの証拠。この人びとは本当に不誠実だ。(高田)

http://www.asahi.com/national/update/0626/TKY201106250580.html
東電、1号機でも通報遅れ 水素爆発の前日に兆候つかむ

 東京電力が福島第一原子力発電所3号機の放射能漏れや水素爆発の予兆となるデータを爆発の前日につかんでいながら、国に法令に基づく通報をしていなかった問題で、東電は1号機についても水素爆発(3月12日午後3時36分)の前日に予兆をつかんでいたのに国に報告していなかった。経済産業省原子力安全・保安院の公表資料で分かった。

 資料によると、3月11日午後9時51分、1号機の原子炉建屋で入域禁止になる毎時290ミリシーベルト相当の放射線量が検出されていた。放射能漏れと水素漏れを疑う内容だ。東電のその後の解析でも、この時点で圧力容器内の燃料が空だきになり、大量の水素ガスが発生、外側の格納容器に放射性物質とともに漏れたことがわかっている。

 だが、東電が1号機の放射能漏れの可能性について保安院に初めて通報したのは、12日午前0時前。直前の11日午後11時の調査として「1号機タービン建屋内で放射線量が上昇している。原因は調査中」との内容だった。

 さらに、東電が「放射線量が上昇し、圧力容器の圧力も低下傾向にあり放射性物質の漏れが発生している」と判断、初めて放射能漏れについて言及したのはその約5時間後の12日午前5時14分だった。

 東電原子力・立地本部の松本純一本部長代理は「放射能漏れにつながる全データを通報しなければならないとは法令上定められていない」としている。(杉本崇)

« 退陣要求に対抗…ささやかれる「脱原発解散」 | トップページ | 東京新聞【社説】/復興構想 増税だけが決まるのか »

東日本大震災」カテゴリの記事