無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「今度挑発すれば韓国は報復」=中国が北朝鮮に警告 | トップページ | 東シナ海から危険な高波、中国が無人機、海上戦闘能力を誇示  »

2011年6月24日 (金)

政府、中国の海洋調査警戒「太平洋進出狙う?」

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110623-OYT1T00998.htm
政府、中国の海洋調査警戒「太平洋進出狙う?」
 中国の海洋調査船が23日、宮城県沖の排他的経済水域(EEZ)で調査活動を行ったことに対し、政府は「中国が近海以外にも本格的に進出しようとしているのではないか」と警戒を強めている。

 高橋千秋外務副大臣は同日の記者会見で「EEZで我が国の同意のない海洋調査は認められておらず、遺憾だ」と述べた。

 日本のEEZ内で中国が無断で海洋調査をする例はたびたび問題になってきたが、従来は中国に近い東シナ海が中心だった。今回は中国から離れた太平洋側まで調査に及んだ形で、政府は「東北沖まで来るのは聞いたことがない」(海上保安庁筋)としている。

 中国側の狙いについて、海洋政策に詳しい小谷哲男・岡崎研究所特別研究員は「東京電力福島第一原子力発電所事故を受けた放射線調査が一つの目的だろう。また、中国は太平洋に進出するため、東シナ海から南西諸島を通るルートに加え、日本海から津軽海峡を通るルートの確保を狙っている。海底のがれきの状況を調べるなど、軍艦を動かすための事前調査をしている可能性もある」と指摘している。
(2011年6月23日21時41分  読売新聞)

« 「今度挑発すれば韓国は報復」=中国が北朝鮮に警告 | トップページ | 東シナ海から危険な高波、中国が無人機、海上戦闘能力を誇示  »

「国際情勢」カテゴリの記事