無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 復興増税を明記、「減災」理念打ち出す 構想会議提言 | トップページ | 米軍機訓練場候補 馬毛島所有者交渉へ »

2011年6月27日 (月)

自民福島県連、方針大転換「原発推進しない」

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110626-OYT1T00618.htm
自民福島県連、方針大転換「原発推進しない」

 自民党福島県連は26日、郡山市内で定期大会を開き、「今後は原発を推進しない」とする方針を決定した。

 斎藤健治幹事長が「我々は現在まで(原発を)進めてきたことを深く反省し、今後一切推進しないことを決めた」とする県連の方針を口頭で報告し、了承された。

 来賓として招かれた谷垣総裁は大会終了後、記者団に対し、「自然エネルギーはもっと活用を模索していく必要はある」と県連の方針に理解を示す一方、「原発をすべて止めてしまったら、東北を再興させるエネルギーがなくなる。当面は動かしていかなければならない」と慎重な考えを示した。
(2011年6月27日10時30分  読売新聞)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110626/stt11062622330005-n1.htm
谷垣総裁は「経済再生に原発必要」 福島県連の脱原発方針に
2011.6.26 22:32

クリックして拡大する

講演で「原子力事故被害緊急措置法案」などについて話す自民党の谷垣総裁=26日午後、福島県郡山市

 自民党の谷垣禎一総裁は26日、党福島県連が今後原発は推進しないとの活動方針を決定したことに対し「今、直ちに全部原発を止めたら日本を再生させ、東北を再興するエネルギーもなくなる。国が安全性に責任を持ちながら当面は動かさなければならない」と述べ、経済再生に向け原発による電力供給は必要との認識を強調した。

 その上で「自然エネルギーや再生可能エネルギーをもっと活用できないか模索してく必要は当然ある」と指摘した。福島県郡山市内で記者団に語った。

« 復興増税を明記、「減災」理念打ち出す 構想会議提言 | トップページ | 米軍機訓練場候補 馬毛島所有者交渉へ »

東日本大震災」カテゴリの記事