無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 浜田氏引き抜きは究極の1票のため…亀井氏解説 | トップページ | 雑記(185)リュウノヒゲ »

2011年6月30日 (木)

玄海町長が原発再開を了承、知事は慎重姿勢

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110629-OYT1T00301.htm
玄海町長が原発再開を了承、知事は慎重姿勢

 海江田経済産業相は29日、佐賀県を訪れ、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)で停止中の2、3号機の運転再開に地元の理解を求めた。

 午前中の会談で玄海町の岸本英雄町長は再稼働を了承したが、午後に会談した佐賀県の古川康知事は再稼働に慎重な立場を示した。一方で、同日午前開かれた関西電力の株主総会で、関電の筆頭株主である大阪市の平松邦夫市長は、原発に代わる新エネルギーの開発に努力するよう求めながら、現時点で全原発を停止することには反対の姿勢を示した。原発を抱える地方自治体も再稼働の是非を巡って揺れていることが浮き彫りになった。

 海江田経産相は29日午前10時15分から約15分間、玄海町役場で岸本町長や坂井俊之・唐津市長らと会談し、定期検査で停止中の九電玄海原発2、3号機の再稼働について理解を求めた。岸本町長は「国が(原発の安全を)保証してくれるならば、長い時間を置かずに電力会社に(再開同意を)伝えたい」と述べ、再稼働を了承した。7月上旬にも九電に伝える。東電福島第一原発事故の影響で停止したままとなっている全国35基の原発の中で、立地自治体の首長が再稼働の受け入れ意思を国に伝えたのは初めて。

« 浜田氏引き抜きは究極の1票のため…亀井氏解説 | トップページ | 雑記(185)リュウノヒゲ »

「国内情勢」カテゴリの記事