無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 緊急事態法「必要性感じる」=菅首相 | トップページ | 上関町長、町財政への影響懸念 原発計画で »

2011年6月14日 (火)

原発、本当に必要なら消費地の大阪に…橋下知事

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110613-OYT1T00762.htm
原発、本当に必要なら消費地の大阪に…橋下知事

 原子力発電所の新規建設を中止する「脱原発」構想を打ち出している大阪府の橋下徹知事は13日、「もし原発が本当に必要なら、電力消費地の大阪に造るという話にして、(建設の是非を)府民に問いかけるしかない」と述べ、電力消費地の都市部がリスクを引き受けるべきだとの考えを示した。

 府庁で報道陣に話した。

 橋下知事は、大阪から遠い福井県に原発が集中していることから、「府民は原発を自分のこととして考えていない」と指摘。生活の快適性とリスクを比較して住民が判断するべきだとし、「原発が必要だと府民が決めて大阪湾に造るなら、それなりのリスクは覚悟しないといけない。(造る地域は)神戸とか京都でもいい」と述べた。

 一方、府は、福井県敦賀市の河瀬一治市長から「脱原発」構想の真意をただす公開質問状が届いたとして、橋下知事名で回答したことを13日、発表した。原発が立地地域の活性化や雇用につながっているとの河瀬市長の主張に対し、回答書は「そのために原発を維持するというのは本末転倒の議論」としている。
(2011年6月13日20時29分  読売新聞)

« 緊急事態法「必要性感じる」=菅首相 | トップページ | 上関町長、町財政への影響懸念 原発計画で »

「国内情勢」カテゴリの記事