無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国防長官、米軍のアジア関与強化 南シナ海で中国をけん制 | トップページ | ポスト菅は前原氏首位、追う枝野氏ら…読売調査 »

2011年6月 4日 (土)

1号機爆発、排気水素の逆流原因か 東電「設計に不備」

http://www.asahi.com/national/update/0603/TKY201106030574.html
1号機爆発、排気水素の逆流原因か 東電「設計に不備」

 東京電力福島第一原発の事故をめぐり、3月12日に1号機の原子炉建屋を壊した水素爆発は、格納容器の損傷を防ぐ目的で行われたベント(排気)で建屋外に出したはずの水素ガスが、別の排気管を通じて建屋内に逆流したことから起きた疑いが強いことが分かった。長時間にわたる電源喪失で、逆流を防ぐ別の排気管の弁を操作できない状態だった。東電幹部は「水素爆発の事態を招いたことを考えれば、排気に関する設計に不備があったといえる」と話している。

 福島第一原発では運転中だった1~3号機が3月11日の地震で自動停止。その後に全電源が喪失し、原子炉が冷却できなくなった。1号機では12日午後3時半すぎ、3号機では14日午前11時ごろに水素爆発を起こし、原子炉建屋の上部が吹き飛んだ。1、3号機では爆発前、圧力が高まった格納容器のベントに向けた作業が実施されていた。

 東電の内部資料などによると、1号機には、(1)原子炉建屋内のガスをフィルターを通じて外に出すための「非常用ガス処理系(SGTS)」(2)格納容器内のガスを外に出すための「耐圧ベント配管」――という、二つの非常用排気管が備えられていた。これらの排気管は合流して一つの管となり、建屋外の排気筒につながっている構造だ。

« 国防長官、米軍のアジア関与強化 南シナ海で中国をけん制 | トップページ | ポスト菅は前原氏首位、追う枝野氏ら…読売調査 »

東日本大震災」カテゴリの記事