無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 復興担当の政務三役、自民参院議員に打診 与党幹部 | トップページ | 復興増税を明記、「減災」理念打ち出す 構想会議提言 »

2011年6月27日 (月)

前原前外相「急激な脱原発はポピュリズム」 首相を批判

http://www.asahi.com/politics/update/0626/TKY201106260180.html
前原前外相「急激な脱原発はポピュリズム」 首相を批判
 民主党の前原誠司前外相は26日、神戸市内で講演し、菅直人首相が原発政策見直しに意欲を示していることについて「今の民主党は少しポピュリズム(大衆迎合)に走りすぎている。私も日本が20年先に原発をなくすことは賛成だ。しかし、振り子が急激に脱原発に振れた時、皆さんの生活が一体どうなるか考えるのが本来の政治だ」と批判した。

 

首相が主導した中部電力浜岡原発の運転停止についても「止めることの是非と、止め方の是非を後で検証しなければならない」と語った。菅政権が検討する消費増税などについても「日本がかかっているデフレという病気を脱却し、安定した経済成長に移るまでは増税すべきではない」と慎重な考えを示した。

« 復興担当の政務三役、自民参院議員に打診 与党幹部 | トップページ | 復興増税を明記、「減災」理念打ち出す 構想会議提言 »

「国内情勢」カテゴリの記事