無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 朝日社説:原発と民意―決めよう、自分たちで | トップページ | オスプレイ事故率低い…防衛省が米資料を公表 »

2011年6月15日 (水)

河野議員「原発一本やりの自民変える」 議連会合で強調

http://www.asahi.com/politics/update/0614/TKY201106140600.html
河野議員「原発一本やりの自民変える」 議連会合で強調
 脱原発と自然エネルギーの可能性をさぐる自民党の「エネルギー政策議員連盟」の初会合が14日開かれた。共同代表には脱原発の急先鋒(きゅうせんぽう)、河野太郎衆院議員が就き、「原発一本やりの自民党を変える」と強調。ただ、初会合では原発容認の声も多く出た。

 議連には衆参議員25人と選挙区支部長22人が賛同。「今後の原子炉の新規立地を見合わせる」「地域独占や送発電一体といった電力業界の再編成」などを検討課題に掲げた。提言をまとめて党の政策に反映させることを目指す。

 河野氏は「原発政策を変えなくて良いと思っている人がいっぱいいることが最大の問題。もっと安全な原子力を作ると言う人までいる。自民党を変える」と指摘。一方、共同代表の旧通産省出身の西村康稔衆院議員は「河野氏とは意見がすべて一致しているわけではない」とあいさつし、参加者からは「自民党の原子力政策の8割は正しかった」「原発という選択肢は無し、という議論の進め方はポピュリズム」などの意見も相次いだ。

« 朝日社説:原発と民意―決めよう、自分たちで | トップページ | オスプレイ事故率低い…防衛省が米資料を公表 »

「国内情勢」カテゴリの記事