無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 民・自・公 政争の一方で談合/すでに「大連立」 | トップページ | 福島第2やもんじゅは例外=原発再稼働で海江田経産相 »

2011年6月20日 (月)

中国が先制攻撃戦略…嘉手納、普天間も対象か

記事の根拠が明らかでないのが不満だが、少なくとも米国「ランド研究所」ではこのように見ているというものではある。(高田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110620-00000654-yom-int

中国が先制攻撃戦略…嘉手納、普天間も対象か

読売新聞 6月20日(月)14時41分配信
 【ワシントン=小川聡】中国人民解放軍が、敵の戦闘機が飛び立つ前に高性能な弾道ミサイルで敵基地の滑走路などを先制攻撃する軍事ドクトリン(基本政策)を新たに取り入れたと、米空軍が資金提供した米専門家グループが報告していたことがわかった。

 中国の弾道ミサイル開発はこれまで、米空母などの接近を阻止する防御的な意味合いが強調されていたが、より攻撃的な使い道を想定していることがうかがえる。

 専門家グループは台湾有事の際には、沖縄の米空軍嘉手納基地、海兵隊普天間飛行場、航空自衛隊那覇基地の3か所がこうした先制攻撃の対象になるとも指摘している。

 報告書は、米空軍と関係が深い団体「ランド研究所」が2月に発表した「天を揺らし、地を裂く 21世紀における中国空軍の行動概念」。中国語の堪能な米専門家が、中国国防大学の教科書や中国軍高官の講演などを読み込み、まとめた。

« 民・自・公 政争の一方で談合/すでに「大連立」 | トップページ | 福島第2やもんじゅは例外=原発再稼働で海江田経産相 »

「国際情勢」カテゴリの記事