無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« すし→焼き肉→イタリアン 首相、一夜で3軒はしご | トップページ | 玄海町長が原発再開を了承、知事は慎重姿勢 »

2011年6月30日 (木)

浜田氏引き抜きは究極の1票のため…亀井氏解説

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110629-OYT1T00932.htm
浜田氏引き抜きは究極の1票のため…亀井氏解説

 国民新党の亀井代表は29日の記者会見で、自民党参院議員を総務政務官に起用した人事の狙いについて、菅首相が退陣の条件に掲げた再生可能エネルギー特別措置法案の成立をにらんだものだったと説明した。

 亀井氏は、再生エネルギー特措法案に対し、野党内では共産、社民両党の賛成が見込めると指摘。この場合、参院では計算上、民主、国民新の与党(109人)、共産(6人)、社民(4人)、与党系無所属1人を合わせ120人と、過半数(121)にあと1票不足するが、亀井氏はこの1票差を埋めるために必要だったのが自民党の浜田和幸氏の一本釣りだったとした。

 亀井氏は「浜田氏が(与党側に)来たことで、公明党と自民党が反対しても、参院で成立するようになる」と語った。
(2011年6月29日20時40分  読売新聞)

« すし→焼き肉→イタリアン 首相、一夜で3軒はしご | トップページ | 玄海町長が原発再開を了承、知事は慎重姿勢 »

「国内情勢」カテゴリの記事