無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「日本再設計」掲げる 朝日新聞社ニッポン前へ委員会 | トップページ | 反原発、「集団ヒステリー」=石原自民幹事長 »

2011年6月14日 (火)

「原発さえなければ…」酪農家の男性自殺か 福島・相馬

朝、読んだ新聞には牛舎の板に書き付けたあった遺書も載っていたと思う。
うろ覚えだが、川柳か短歌のような形をとった辞世、怒りの言葉と、カネがかかり子に会いにフィリピンにも行けない、牛飼いの仲間へは「みんなはがんばってくれ」というような記事だったと思います。フィリピンでこの知らせを聞く妻や子はなんと思うのだろうか。
先の須賀川のキャベツ農家の農民といい、この酪農民といい、まさに原発に、東電に、原発政策に殺されたのだ。(高田)

http://www.asahi.com/national/update/0614/TKY201106130558.html
「原発さえなければ…」酪農家の男性自殺か 福島・相馬

 福島県相馬市で酪農を営む50代の男性が、「原発さえなければ」などと書き置きを残し、首をつった状態で死亡していたことがわかった。捜査関係者や男性と親しかった複数の人によると、自殺の疑いが強いという。

 関係者によると、男性は40頭ほどの牛を飼育していた。3月の原発事故のあと、妻と2人の子どもが妻の母国のフィリピンに避難し、男性も家族のもとに向かったが、その後戻ったという。

 男性が不在の間、周囲の農家が分担して牛の面倒をみていた。その後、男性は牛を手放したという。

« 「日本再設計」掲げる 朝日新聞社ニッポン前へ委員会 | トップページ | 反原発、「集団ヒステリー」=石原自民幹事長 »

東日本大震災」カテゴリの記事