無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 東電単独で供給可能 広野火力、7月全基再開へ | トップページ | 防衛省、戦闘機部隊など日米共同訓練派遣へ 対中抑止と震災対応両立 »

2011年5月12日 (木)

参院の憲法審査会/規程策定反対で集会/5・3憲法集会実行委が開く

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-12/2011051205_02_1.html
参院の憲法審査会/規程策定反対で集会/5・3憲法集会実行委が開く

 民主党が参議院憲法審査会規程を今週中にも議決しようという構えを示しているもとで10日午後、「参議院憲法審査会規程策定強行反対五・一〇緊急院内集会」が開かれ、約100人が参加しました。主催は、憲法会議や許すな!憲法改悪市民連絡会などで構成する「2011年5・3憲法集会実行委員会」。

 日本共産党、社民党の衆参両院議員もかけつけ、あいさつしました。日本共産党の井上哲士参院国対委員長は「先の5・3憲法集会では、大震災をうけて、憲法を生かすことがいかに大切か、改めて憲法の意義を確認した。民主党は5月2日、規程案を国会に正式に提出した。09年に衆院で規程をつくった時には反対しながら、参院では自公と妥協するために規程をつくる構えを見せている。国民のたたかいによって阻止しよう」と訴えました。仁比聡平前参院議員も発言し「憲法に関する問題を自民党などとの法案審議がすすむよう取引材料に使うのは不見識。規程をつくらせない、憲法審査会を動かさないために共にがんばろう」と発言しました。社民党の福島瑞穂党首は「国会が『憲法改正ごっこ』をやっている場合ではない」とのべました。

 このほか参加した国会議員は、日本共産党から宮本岳志(衆)、田村智子(参)、社民党から服部良一(衆)、吉田忠智(参)、山内徳信(参)の各氏。

« 東電単独で供給可能 広野火力、7月全基再開へ | トップページ | 防衛省、戦闘機部隊など日米共同訓練派遣へ 対中抑止と震災対応両立 »

民衆の運動」カテゴリの記事