無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 橋下知事「国歌斉唱で起立しない教員は免職」 | トップページ | 意見バラバラ、集約は難航必至 “踊る”復興構想会議 »

2011年5月17日 (火)

自民の衆院選改革案を批判=公明・山口氏

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
自民の衆院選改革案を批判=公明・山口氏

 公明党の山口那津男代表は17日の記者会見で、衆院の小選挙区を5議席、比例代表を30議席それぞれ削減する自民党の選挙制度改革案について「比例を数多く減らすのは従来の自公両党間の考え方、(1人別枠方式を違憲とした)最高裁判決のいずれにも合致しない。本末転倒だ」と批判した。
 山口氏は、自公連立政権時代に両党は総定数の50議席削減で合意し、その後、先行して比例代表を20議席減らしたと指摘。「次は小選挙区から30議席減らすことを検討する順序になっていた」と語った。
 また、山口氏は、政府が設置する福島第1原発事故の検証のための第三者機関について「政府が行ってきたことにさまざまな疑わしさが生じている。立法府が監視するという基本的な立場で、国会に設置することを提案する」と述べた。(2011/05/17-13:25)

« 橋下知事「国歌斉唱で起立しない教員は免職」 | トップページ | 意見バラバラ、集約は難航必至 “踊る”復興構想会議 »

「国内情勢」カテゴリの記事