無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 同盟深化へ日程見直し=固定化が一層現実味-普天間移設 | トップページ | エネルギー政策 拙速な結論は国益損なう »

2011年5月20日 (金)

不信任出す前に反省を 志位・共産党委員長、自民を批判

これは至極当然なことですけれどね。(高田)
http://www.asahi.com/politics/update/0519/TKY201105190504.html
不信任出す前に反省を 志位・共産党委員長、自民を批判

2011年5月19日20時43分
 共産党の志位和夫委員長は19日の記者会見で、自民党が菅内閣に内閣不信任案の提出を検討していることについて、「福島原発事故などで政権の責任を追及するなら、自らまず深く反省するべきだ。まともな安全対策無しに多くの原発をつくったのは自民党政権の責任だ」と厳しく批判した。

 ただ、不信任案が提出された場合の対応については「我々が菅政権を信任しないのは当たり前」と、賛成の意向を示した。

« 同盟深化へ日程見直し=固定化が一層現実味-普天間移設 | トップページ | エネルギー政策 拙速な結論は国益損なう »

「国内情勢」カテゴリの記事